世界初の冥王星探査機を打ち上げ

リンク: TBS News i


パイオニア10号、11号やボイジャー1号、2号が太陽系の外に飛び出した今日でも、尚、探査機が接近することなく、その素顔が未知のベールを被ったままの惑星・冥王星。
その素顔が明らかになる日が遂にやってくる。但し、それは10年後だそうだ。
NASAが1月19日に打ち上げた冥王星探査機「ニューホライズンズ」は、2015年に冥王星に到達する。この10年の間にどんな天文学的発見があるのかと考えると、この計画はもう少し早められ無かったのかという気もしないではない。冥王星以遠に新たな天体が発見され、冥王星の「惑星」としての地位も揺らいでいるからだ。今後10年で更に新たな惑星候補の発見があるかもしれない。

だが、この議論にももう少し時間が掛かるだろうから、10年後というタイミングを狙ったのだとしたら、それもありかもしれない。なにしろ、その頃のNASAは(現在のシャトル計画を見直して)月ロケット主体の計画になっているかも知れないのだから(外惑星探査の費用など捻出できないかも知れない)。

| | Comments (31) | TrackBack (1)

スマトラ島付近でM8.5の地震 インド洋に津波の恐れ

asahi.com:スマトラ島付近でM8.5の地震 インド洋に津波の恐れ?-?国際

29日午前1時10分ごろ、インド洋で大きな地震があった。気象庁によると、震源はスマトラ島付近で、震源の深さは約30キロ。地震の規模はマグニチュード(M)8.5と推定される。同庁はインド洋広域に津波発生の可能性があるとして注意を呼びかけた。日本への津波の心配はないという。  スマトラ島沖では、昨年12月26日に今回の震源と同じ付近で、M9.0の大地震が発生。インド洋に大津波が押し寄せ、20万人以上が死亡したとされている。
この地域では、大きな地震が今後も発生するとされており、昨年末の地震以降、津波観測網が暫定的に日本とアメリカによって作られている。気象庁は、17日までに津波情報の提供体制を準備完了していた。 ちなみに日本の気象庁の情報としては、インド洋でマグニチュード6.5以上の地震が発生した場合、(1)発生時刻(2)震源(3)地震の規模(4)津波発生の可能性の有無(5)津波の恐れがある場合の予想到達時間 などを伝えるとしている。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

電気刺激で寝たきりでも足の筋肉量9割維持 阪大病院

asahi.com:電気刺激で寝たきりでも足の筋肉量9割維持 大阪大病院?-?暮らし


電気刺激を与えることで、リハビリに役立つという話が、また一つ。
意識不明の寝たきり状態になった人の脚を電気で刺激すると、筋肉量が保たれることが、大阪大病院高度救命救急センターの研究で分かった。寝たきりになると急激に脚の筋肉が衰え、回復してもリハビリに長い時間がかかったり、車いす生活になったりする。この問題の解決に専門家も「朗報」と期待する。
これは電気刺激を筋肉に与える方法だが、脊髄損傷した人でも電気刺激で若干回復が見込めるという話もあり、神経に電気刺激を与える方法はいろいろと応用範囲が広そうだ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

経鼻ワクチン開発へ インフルエンザで厚労省 | Excite エキサイト : ニュース

経鼻ワクチン開発へ インフルエンザで厚労省 | Excite エキサイト : ニュース
現在のインフルエンザワクチンは、痛い注射が待っているし、折角予防注射しても
型が合わなければ無駄になる。そんなワクチンを厚生労働省が50年ぶりに見直すと決定した。今後は経鼻ワクチンを開発するそうだ。
経鼻ワクチンの特徴は、こんな具合だ。
・注射ではなく鼻に噴霧するタイプ
・型変化により強い効果を発揮
・患部である気管支や喉粘膜に達して直接作用
厚労省は、有効性や安全性を調べる研究班を2006年度に発足させ、3~5年後の実用化を目指す。

| | Comments (553) | TrackBack (0)

イレッサ:特定患者にも「効果なし」

MSN-Mainichi INTERACTIVE 医療


特定の遺伝子変異が認められる肺がん患者への効果が期待されている抗がん剤「ゲフィチニブ」(商品名・イレッサ)について、製造・販売元のアストラゼネカ社(本社・英国)による大規模な臨床試験の結果、このような患者への延命効果は確認されていなかったことが、ア社が厚生労働省に提出した資料で分かった。イレッサの取り扱いについては同省の「ゲフィチニブ検討会」が24日にも最終意見をまとめるが、このデータは今月17日に検討会に提出されたものの説明はされず、議論の対象になっていなかった。最終意見の議論に影響を与えそうだ。

・・・ということで、先の記事も訂正が必要なようです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

緑茶に含まれる抗がん成分、特定される

緑茶に含まれる抗がん成分、特定される | Excite エキサイト : ニュース


緑茶が胃ガンなどに効くことは以前より実証的に示されてきたが、具体的な成分が分かったと発表された。
緑茶には様々な抗癌メカニズムがあり、そのうちの一つだろうという。

スペインのムルシア大学(UMU)とイングランド・ノーウォッチのジョン・インズ・センター(JIC)の研究者たちは、緑茶に比較的多く含まれるEGCGと呼ばれる化合物が、ある特定の酵素と結びつくことによって、がん細胞の主要なターゲットであるジヒドロ葉酸還元酵素(DHFR)の成長を抑止することを実証した。
EGCGの分子構造は、メトトレキサートと呼ばれる抗がん剤に似ている。

研究によると、緑茶には紅茶よりほぼ5倍のEGCGが含まれている。EGCGがある種のがんを防ぐのだが、科学者たちは、抑止のメカニズムと関係している化合物を解明していなかった。またECGCの恩恵をこうむるためにどのくらいの量の緑茶を飲むべきかがわかっていなかった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

イレッサは女性や非喫煙者に

YOMIURI ON-LINE / サイエンス


肺がん治療薬「イレッサ」(一般名・ゲフィチニブ)の投与指針について、日本肺癌(がん)学会は、「女性、非喫煙者、日本人(東洋人)などへの使用を推奨する」とするイレッサの新たな使用指針をまとめ、17日、厚生労働省の専門家検討会に提出した。

 イレッサは2002年の承認後、副作用での死亡が相次ぎ、同学会が翌年、イレッサを投与すべき肺がん患者の対象を絞り込んだ。その後の臨床試験で、効果がある患者の特徴が判明し、さらに専門医に徹底するため、新たな指針を作った。対象者には、がん細胞の増殖を制御する遺伝子に変異がある患者も含めた。

 同時に、副作用を早期発見するため「投与開始後2週間は厳重な観察を強く推奨する」と呼びかけた。

 製造元のアストラゼネカ社(英国)は昨年末、海外の臨床試験で延命効果がなかったと報告した。しかし、厚労省の検討会は、日本国内では当面、使用を継続することを決めている。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

ベータアミロイド検出方法を開発

NHKニュース


βアミロイドの蓄積で発症するアルツハイマー病。これまでは、βアミロイドを検出する方法が無く、アルツハイマー病は認知症等の症状で判断されていた。

理化学研究所の研究グループは、βアミロイドと結合しやすい有機化合物の合成に成功し、マウス実験では海馬にこの物質が集積している様子をMRIで確認できたそうだ。
この方法を使えば、βアミロイドが海馬の10パーセント程度蓄積した極初期のアルツハイマー病も確認できるということだ。
今後、動物実験を重ねて安全性を確認、実用化を目指すそうだ。

| | Comments (1141) | TrackBack (0)

牛乳だけではカルシウム不足に 米研究

CNN.co.jp : 牛乳だけではカルシウム不足に 米研究 ? - サイエンス
丈夫な骨を作るには、牛乳だけを飲むのではなく、多種多様な食物からカルシウムを取ることと、それにも増して、適度な運動を続けることが効果的だそうである。

一方、乳製品が一番手軽なカルシウム供給源であることには変わりないので、ビタミンDも豊富な低脂肪の乳製品を勧める研究者もいる。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

星の「体重」、太陽の150倍が限界? NASA発表

星の「体重」、太陽の150倍が限界? NASA発表 - asahi.com : サイエンス

銀河系の星の質量は太陽の150倍くらいが限界らしいとNASAが発表した。
米宇宙望遠鏡科学研究所が、地球から約2万5000光年の距離にある、生まれて200~250万年の若いアーチーズ星団を観測した。

ハッブル望遠鏡の近赤外カメラで数百個の観測し、明るさや推定年齢などをもとに質量を計算。その結果、質量は太陽の6~130倍のものばかりで、それ以上のものが見つからなかったことから、星の質量の上限を太陽の150倍程度と推定した。

 観測チームは「従来の説による予測では、(この星団には)太陽の130~1000倍の星が20~30個ほどあるはずだ。存在しているなら見つからないとおかしい」と説明している。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

丸い原子核が棒状や板状に 高密度での変形を解明

Sankei Web 社会 丸い原子核が棒状や板状に 高密度での変形を解明(02/20 19:24)

原子は普通、原子核の周りの電子が反発しあうため密度が低く、原子核は丸い。だが、重力崩壊型超新星爆発の前や1立方センチで1億トンもあるとされる中性子星では高密度になって原子核も変形すると考えられている。  ただ変形の様子は長年の謎だった。渡辺さんらは理化学研究所が開発した高速コンピューターMDGRAPEで、原子核をつくる陽子や中性子約1万6000個が密度が高まるにつれてどう変わるかを調べた。  すると最初は球形だった原子核が変形、合体してスパゲティ状になり、次に板状に変身。その後は原子核が合体した固まりに長細い穴が開いたレンコンのような構造を経て、球形の穴が開いたスポンジのような構造へと変わった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気象衛星故障なら日米相互にバックアップ

YOMIURI ON-LINE / 社会

気象衛星ひまわり5号の後継衛星の打ち上げに失敗して以来、日本の気象観測はアメリカのゴーズ9号に頼っている。
「ゴーズ9号」の日本側の利用は、2002年の合意で可能となったが、この時の合意内容は、米国が日本を一方的にバックアップするというものだった。
一方的にアメリカに頼っている現状を反省したか、政府は19日、米国との間で、相互にバックアップ体制を整えることを内容とする書簡を交換した。
今月打ち上げ予定のMTSATはこの書簡に基づき、日本を含む西太平洋地域の衛星観測を日本のためだけでなくアメリカのためにも行う可能性が出てきた。
いずれにしても、打ち上げが成功してからのは話だが。H2Aロケット7号機に期待しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラキュラは正しかった?最新医学における《若い血》の意味 | Excite エキサイト : ニュース

ドラキュラは正しかった?最新医学における《若い血》の意味

ドラキュラ伯爵は案外、正しかったのかもしれない。「Young Blood(若い血)」という言い回しは、若い活力を注入するという意味だが、医学的な語源を持つのかも。

スタンフォード大学の科学者たちが科学誌「ネイチャー」に発表した論文によると、年老いたネズミと若いネズミの血液循環を連結し、文字通り若い血を注入したところ、年老いたネズミの筋肉の回復に著しい進歩が見られたという。


将来、献血にも若さが求められるようになるかも知れない。古い血液を注入された若いネズミは、筋肉の回復にも時間がかかるようになったそうだから、血液の若さは重要だろう。20歳の献血キャンペーンを強化すべきだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土星のオーロラ 数日間も継続

ユニークな土星のオーロラ 同時観測で素顔明らかに | Excite エキサイト : ニュース

土星を周回している無人探査機カッシーニと、ハッブル宇宙望遠鏡による同時観測の結果、土星は数日間もオーロラが続くことがあると判明。16日のネイチャー誌に発表された。
地球のオーロラは数分から数時間で消えてしまうのに対し、これは非常に長い時間である。

オーロラは太陽からの荷電粒子が惑星の磁気に捕まったものであるから、成因は地球も土星も同じはずだ。
太陽風のスピードも変わりないとすれば、土星のオーロラが地球の何倍もの時間花芽楽のは何故なのか、興味深い。

| | Comments (1474) | TrackBack (0)

銀河系外部へ高速移動中の星を発見 - : Hotwired

Wired News - 銀河系外部へ高速移動中の星を発見 - : Hotwired

ハーバード・スミソニアン宇宙物理学研究所の天文学者が、時速250万キロメートル近くの速度で銀河系から遠ざかっている、太陽の3倍の大きさの星(写真)を発見した。

 銀河系の中心部に位置していたこの星が、これほどの高速で銀河系からはじき出されようとしている理由としては、ブラックホールの引力が考えられている。かつては一緒に移動していた伴星が、ブラックホールによって軌道にとらわれるいっぽうで、この星は速度を増加させられた可能性がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

余震情報「M」→「震度」に

YOMIURI ON-LINE / 社会

これからは「今後なお1週間程度は震度6弱、ところによっては6強の余震が発生する恐れがあります」などと余震の大きさを震度で説明。さらに「家屋の倒壊や土砂崩れなど、さらに被害が拡大するおそれがあります」「危険個所には立ち入らないなど厳重な警戒が必要です」といった注意事項なども盛り込む。  同時に従来方式での情報提供も行い、確率については引き続きマグニチュードで表示する。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

国立天文台、天体シミュレーター&プラネタリウムソフト「Mitaka」を公開

窓の杜 - 【NEWS】国立天文台、天体シミュレーター&プラネタリウムソフト「Mitaka」を公開

国立天文台、天体シミュレーター&プラネタリウムソフト「Mitaka」を公開

フリーの天文ソフトは幾つかありますが、国立天文台がソフト公開してしまう時代になりましたか。
私も早速使ってみましたが、絵が綺麗さに惹かれました。
残念ながら、まだ操作方法が身に付いていません。(苦笑)
しかし、使いこなせればこれ一つでいろいろな視点の絵が見られます。
皆さんにもお勧めです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スギヒラタケの毒性を確認

YOMIURI ON-LINE / サイエンス
昨秋にスギヒラタケを食べた人が脳症を次々に起こし、無くなった。その原因が分からなかったが、その手がかりとなる毒性が金沢大大学院の太田富久教授(天然物化学)の研究で明らかになった。

昨年秋に東北・北陸地方で採れたスギヒラタケを90度で約30分加熱し、エキスを抽出。これをマウスのおなかに体重1グラムあたり1ミリ・グラムを注射したところ、10匹中7匹が1日以内に死んだ。死んだマウスは、赤血球が壊れてショックを起こした状態で、腎臓障害が起きているとみられた。100度で加熱して抽出したエキスは、毒性がなかった。

まだ脳症に至った原因との断定はされていないものの、有力な研究だ。
また、加熱程度の違いが症状の有無に反映したなら、これも納得しやすい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土星の南極に高温な「目」

YOMIURI ON-LINE / サイエンスsaturn

米航空宇宙局(NASA)は、ハワイのケック天文台が赤外線観測で撮影した土星の画像を4日付の米科学誌サイエンスに発表した。南極付近が白色の“目”のように見える。

 目は、特に温度が高い部分を示し、零下約180度くらい。暗い色の部分に比べて10度前後高い。夏の時期に土星の南部の温度が上昇することは、ある程度予測されていたが、わずかな緯度の違いでこれほど急激な温度差を生じることはわかっていなかった。

 NASAの観測チームは、土星の大気中に限定的な高温部を作り出す特殊な対流などの仕組みがあると見て、さらに分析を進める。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

オーロラ発生時に台風並みの強風現象

MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学

オーロラ発生時に台風並みの強い風が広範囲に吹いている現象を、独立行政法人・情報通信研究機構(東京都小金井市)と米アラスカ大が世界で初めて観測した。
(中略)
オーロラの光を詳細に測り、発生している周囲の風速などを分析できる装置を開発し、03年2~3月、米アラスカ州中部の300キロ離れた2地点で観測した。

 その結果、2地点ともオーロラを観測できたのは13日間で、オーロラの北側では宇宙に向かう風が、南側では地表方向への風が吹いていることが分かった。風速は平均で秒速約30メートルで、オーロラが発生している1~2時間継続していた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

«H2Aロケット打ち上げ決定(共同通信)